トナーカートリッジの購入判断

資源の再利用をしているリサイクルトナーカットリッジは、複合機を会社で大量に使用している会社などにオススメです。普段使う頻度が多いと、さすがにそこまで日が経っていなくてもすぐにトナーを消費し切ってしまいます。トナーカートリッジは1度に大量に購入すると結構な価格になるので、リサイクル品を購入すれば大分違います。大抵は新品同様何事もなく使えますが、稀に初期不良が起きます。ほとんど気にならない程度ですが色合いなども新品と僅かに異なります。どうしてもそれが嫌でしたら、負担は大きくても新品を購入した方が無難です。トナーカートリッジは、価格面と機能面のどちらを優先するかによって、満足度を得られるかが変わってくるので、自分の考え方に合った方をしっかりとした判断で選んでください。それぞれどちらにもメリットがあります。

トナーカートリッジの存在

トナーは簡単にどんなものか伝えると印刷の際に使用する粉末状の物です。通常は入れ物にトナーが入っているので、トナーカットリッジと呼ばれています。主にレーザープリンター、FAX、コピー機などに用いられ、カートリッジ内のトナーをすべて消費したらカートリッジ自体を買い替えする方法もあり、詰め替え出来るパターンもあります。インクジェットプリンターをメインに使用している方は普段トナーとは接点がないので、あまり知られていません。しかし、印刷を1日に大量にしなければならない会社などでは大抵使用されているので、もしそこに就いた際には色々と目にすることがあるでしょう。トナーカートリッジの交換方法は簡単なので、もし初めてで交換に慣れていなくても手順さえ親切に教えてもらえれば、心配なく無事に完了させることが出来ます。

トナーカートリッジは、純正がいい

トナーは、インクジェット式のプリンターではなく、レーザー式のプリンターで使用されます。インクジェットと違って、インクののりがよく表面がつるつるしています。ボツボツざらっとしたインクのにじみもなく、きれいに色が出ています。印刷のスピードも速く、大量の印刷にも適しています。しかし、トナーカートリッジは、結構値のはる消耗品です。そこで、リサイクルトナーを使うことになります。リサイクルで作られたトナーは、純正品と違い、安価です。これは、インクジェット式にも言えることです。ただ、保証期間内であっても保証がきかないことがあります。また、純正品と違って、ヘッドを傷めてしまう危険性もはらんでいます。目先の値段で判断するのではなく、結果的に経済的で、安心なトナーを使用することが大切です。一見良いように見えるものでも、よく目をこらすことが大切です。